ページの先頭です

クリエイター・ファイル41:“手作りの暖かさとコアな熱さを持つ自転車ブランド”E.B.S

鉄のフレームを手仕事で繋ぐ、関西発の手作り自転車。

1 / 2 / 3 / 4

TOP / インタビュー / バックナンバー / CREATOR FILE / E.B.S

  • Yahoo!ブックマークに登録

元実業団選手の経験が生む、暖かみのあるクロモリ自転車。

悪路の衝撃を吸収するクロスド・シート・ステイは、初心者や中高年のユーザーにも人気だという。冒頭に挙げたユーティリティー・バイクも、ガチガチの競技用バイクではなく、生活感たっぷりの自転車だ。クロモリ、つまりクロームとモリブデンを添加した鉄ならではの、どこかに暖かみのある作り。近未来的なデザインのカーボン樹脂製自転車とは違い、人間らしい手作りの良さがそこにはある。

小林●「一時期、自転車の素材はカーボン一色になりましたが、樹脂製は寿命が短く、壊れたら修理が利かない。何十万円もの代金を頂いて、使い捨てのものを売るってどうなの? という思いがありました」

そう語る小林宏治さんは、自転車業界の流通に長年関わり、欧米の自転車を輸入するショップ経営に乗り出した経歴の持ち主。その後、日本人の体型にあった日本製の自転車を作りたいと考えるようになった。佐々木さんとの出会いも、まさにその頃。かつて選手として実業団に所属し、名門フレームビルダー、KUWAHARAに勤務していた経歴を持つ佐々木さんとの、運命的な出会いだった。

佐々木●「高校生の時から自転車競技を始めて、自転車を仕事にしたくてKUWAHARAに入社。朝から晩までパイプを溶接して、昼休みも自分が乗る自転車を作ってましたね。そうこうするうち競輪選手やオリンピック選手からの、オーダーを任されるようになったんです」

競技用自転車を長年手がけただけでなく、競技自転車の選手として、当時強豪がひしめいていた西日本で8位という戦績を残した佐々木さんと、日本独自の新しい自転車づくりに賭ける小林さん。二人のつくり出すE.B.Sの自転車は、単に乗り心地が良いだけの自転車ではなかった。

たとえば「クロスド・シート・ステイ FLOAT」シリーズでは、乗り心地の良いクロスド・シート・ステイを採用する一方、トップチューブが前下がりになった「ファニーバイク」と呼ばれるフレームを採用した。空気抵抗を受けにくい前傾姿勢のファニーバイクは、本来トップアスリート向け。それを乗り心地の良いクロスド・シート・ステイと融合させた発想は、まさにE.B.Sならではのものだった。

1 / 2 / 3 / 4

自転車ブランド

E.B.S(Engineered Bike Service)

長年、自転車業界に関わってきた小林宏治が中心となり、メインビルダーの佐々木隆二とともに、2008年に立ち上げた自転車ブランド。のち、設計と部品加工の山本工(たくみ)が加わり、現在3人体制。巨大な荷台をつけたワークバイクや、クロスド・シート・ステイを採用したミニベロなど、個性的なデザインと確かな技術で注目を浴びる。「velo style Ticket」(東京)、「velo life-UNPEU(アンプ)」(大阪)の二店舗を直営ショップとして展開。2009年には水都大阪でgrafとのコラボを行うなど、異業種との協業にも積極的。

公式サイト

velo life UNPEU

velo style Ticket

作品

※クリックすると大きな画像をご覧いただけます。

    <
  • 作品1
  • 作品2
  • 作品3
  • 作品4
  • 作品5
  • 作品6
  • 作品7
  • 作品8
  • 作品9